たった数分なのになぜ?トランポリンエクササイズ運動量がスゴイ理由

アフィリエイト広告を利用しています

カラダの悩み

みなさん、運動不足になっていませんか?

お家時間が増えたことで、筋トレにハマったり、ヨガやティラピスなどのオンラインレッスンをはじめた人も多いですよね。

ですが、運動するのが苦手な人は、お家時間が増えても運動を継続するのは難しいものです。

夏は暑いから屋外の運動は危険ですし、冬は寒いし・・・。

そんなことを言ってる間に太ってしまったという方の方が多いと思います。

やはり家で過ごす間に短時間でも続けられる運動は重要ですね。

そこで注目されているのがトランポリンエクササイズです。

たった数分の運動でも、代謝アップに効果的な有酸素運動ができるのです。

話題のトランポリンエクササイズとは?と興味を持っている方は、ぜひ一緒にチェックしてみましょう。

トランポリンエクササイズとは

トランポリンは、子供も大好きですよね。

ぴょんぴょんと高くジャンプできると、自分の身体が軽くなったように感じます。

今なぜトランポリンエクササイズが注目されているのか、その理由は高いダイエット効果が期待できるからです。

なぜトランポリンエクササイズには高いダイエット効果が期待できるのか、その点を見てみましょう。

燃焼効果アップ

トランポリンの上で小さくジャンプするだけのシンプルな運動でも、効率の良いカロリー消費が望めます。

年齢や体重などによって多少の差はありますが、5分程度のトランポリン運動でも30~50kcalを消費できます。

数字だけ見ると「その程度なのか」と思うかも知れませんが、たった5分間のトランポリン運動でも平均的に100kcal程度を消費できます。

1日2回行えば200kcalですし、時間を少し伸ばして1回10分行えばさらに倍の消費カロリーです。

カロリー消費による脂肪燃焼効果をアップさせるための有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、ランニングなどがあります。

これらの運動と比べて、消費カロリーが群を抜いて高いわけではないですが、半分以下の短い時間でも同等のカロリー消費が期待できるのですから、それは話題を集めるはずです。

体幹トレーニング

トランポリンの上に乗ると、真っ直ぐに立つだけでもバランスを保つのがとても難しいので、立っているだけでも、体幹トレーニングにつながります。

バランスを保つために脚の筋肉からお尻、体幹と自然に使うため、全身の筋肉を使えるのですね。

バランスボールは難易度が高いですが、トレーニングならそれほど難しくないので、運動に慣れていなくても始められるのです。

高齢の方や、下半身の関節や骨などに問題がある場合は自分の判断で行うのは危険ですが、リハビリに取り入れられることもあるので、足腰の筋力低下などが気になるシニア世代にも人気のエクササイズとなっています。

自宅で使えるトランポリン

トランポリンエクササイズは、スポーツクラブなどのレッスンでも行われますが、このご時世なので自宅で行えると安心ですね。

自宅で使えるトランポリンも色々なタイプが発売されているので、通販で購入できるものをいくつか集めてみました。

ホームジャンピング

自宅で使えるトランポリンの定番です。

安全性を重視して、85kgまでと表記されていますが、100kg、200kgの耐久テストも行っているので、成人男性でも使える設計です。

組み立て式なので、コンパクトに収納できるのもポイントです。

消音マットが付属されているので、マンションなどでも使えます。

家庭用トランポリンとして長い実績を持つメーカーですし、保証付きで販売されているのも安心感がありますね。


手すりバー付

トランポリンに手すりバーが付属されているタイプです。

初心者やシニアの方にも安心です。

また、トランポリンを使ったリズムエクササイズなどでは、手すりを使うメニューもあるので、バリエーションを増やしたい方にもいいですね。

懸垂マシン&トランポリン

懸垂マシンとトランポリンが一体化されているマシンです。

トランポリンだけの商品と比べると小さいので、メインのエクササイズには物足らないかも知れませんが、懸垂トレーニングも行いたい方には便利だと思います。

狭いスペースにも置けるので、限られた空間を有効に使うのにいいですね。

トランポリンクッション

トランポリンを使ったエクササイズは、消費カロリーが高いので、ダイエットにはとても良いのですが、やはり場所を確保するのが難しいという声もあります。

収納可能なタイプでも、使用する時にはある程度のスペースがないと・・ですよね。

ですが、まるでクッションのようにインテリアに馴染むトランポリンがあります。

出しっぱなしでも邪魔にならないほどのサイズと、部屋に自然に馴染みます。

このクッションの上でバランスを保ちながら立っているだけでも、かなり体幹が鍛えられそうです。

狭い部屋の中でも使えるので、今大注目のエクササイズグッズです。


エクササイズ方法

トランポリンエクササイズは、ただトランポリンに乗って、軽くジャンプするだけなので、難しい運動ではありません。

テレビを見ながら、数分だけの運動なら、毎日続けやすいと思います。

でも、せっかくトランポリンがあるのだから、もっと色んな方法でエクササイズしたいという方は、レッスン動画を収録したDVDを参考にしてみましょう。

部分的に引き締めたいところや、注意すべき点などもわかりやすいので、さらに上のボディメイクを目指してください。


まとめ

家の中で過ごす時間が長くなると、心と体のバランスも乱れがちですよね。

心と体は直結しているので、運動不足が続いてしまうと、ストレスも溜まります。

みなさん工夫しながら家の中で運動しているようですが、できるだけ簡単で、しかも短い時間で効果が期待できる方法を探している方にトランポリンはピッタリです。

季節にも天気にも左右されず、楽しみながらトレーニングできるので、運動が嫌いな方にこそおすすめですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カラダの悩み
tallをフォローする
スポンサーリンク
Tallタイプ or Shortタイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました