猫におやつは必要でしょうか!健康を害する危険のないおやつとは?

アフィリエイト広告を利用しています

お部屋の中で生活している猫は、去勢・避妊手術を受けていると、どうしても太りやすい傾向がありますよね。

ぽっちゃりした猫はカワイイのですが、人間と同じく肥満は病気のリスクが高まります。

食べたいだけ食べさせてあげたいのは山々だけど、そうもいかないのです。

みー
みー

ケチなこと言わないで

猫の心の声が聞こえてきそうですが、おやつも少しくらいは食べさせてあげたいですよね。

頑張って爪切りした時とか、良い子で留守番してくれた時とか。

猫さんたちの希望通りに、ご飯を減らす代わりにおやつをあげるわけにはいきませんが、少しはおやつを楽しむのも悪くないことだと思います。

動物病院の先生は、おやつは本来は不要なものだと言いますけど、全くナシというのも味気ないじゃないですか。

そこで安心して食べさせられるおやつと、注意したいおやつの見分けをチェックしてみました。

猫に食べさせてはいけないもの

猫の味覚は人間とは違い、甘さを感じないと言われています。
塩味、酸味、苦味は感じるようです。

それなのに我が家の猫は甘い和菓子を食べたがるのです。
甘さは感じないから欲しがらないだろうと思い込んでいましたが、食べかけのたい焼きを置いて少し目を離した隙に、たい焼きの粒あんをぺろぺろ舐めていました。

みー
みー

さかなの形だから?

そんなわけないですよね。
甘さに惹かれたわけじゃないとしても、食べ物に対して好奇心旺盛な猫には注意しないといけません。

幸いにも、ほんの少量の粒あんで健康を害する心配はないので良かったですが、これがチョコレートだと怖いです。

猫はチョコレートの原料になるカカオに含まれる成分が下痢させたり、中毒症状を起こす危険があるそうなので、安易に置いておくのは怖いですね。

他にも色々あるので、猫に与えてはいけないものをまとめてみました。

・チョコレート
・ネギ類(ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、
・アボカド
・生のイカや貝類

これらの食べ物には、猫の身体に反応する成分が含まれていたり、寄生虫が体内に入る危険があるので注意しましょう。

生肉や生魚などは寄生虫や細菌に感染する危険もゼロではないので、必ず火を通したものを与えるように気をつけましょう。
イカやあわびなどの貝類は火を通しても消化に時間がかかるものなので、あまり食べない方が安全です。

乳製品はどうなのか

子猫や子犬を保護した時などは、まず家にある牛乳を与えるイメージがあります。
栄養を与えて、水分も同時に与えられるので、牛乳なら安心のような気がします。
ですが、人間が飲む牛乳を猫に与えるのは良くないそうです。

牛乳に含まれる乳糖が消化不良を起こす原因になることがあるのです。
猫用のミルクなら、母猫が与えるミルクの栄養バランスに近づけて作られているので、子猫から育てる場合や、栄養補給としてミルクを与えたい場合は必ず猫用のミルクを選びましょう。

チーズをおやつとして与えている人もいるようですが、ほんの少量であれば問題ないようですが、6か月未満の子猫には与えない方が良いと思います。

子供の頃に実家で生まれた子猫が5か月くらいの時におやつで食べていた6Pチーズを食べさせたら、すごく喜んで食べたので、1個与えてしまってその後にお腹を壊してしまいました。
下痢するし、吐いてしまうし、とても苦しそうで可哀そうなことをして後悔した記憶があるので、子猫には少量でも人間の食べ物は与えないように気をつけましょう。

 猫用のおやつにもリスクはある

ペットショップに行くと、猫用のおやつにも色んな種類があります。
犬用のおやつに比べると種類は少ないですが、それでも愛猫家が増えているので徐々におやつの幅も広がっているように思います。

例えば子魚は大好物の猫が多いのですが、塩分や添加物が含まれているものは適していません。
とくに塩分が多いと腎臓の病気になりやすい猫にはリスクを高めることになるので注意した方が良いですね。
小魚は歯の歯垢を取るのにも役に立つし、カルシウムたたんぱく質を摂れるのでおやつとしては悪くないので、添加物をチェックして選んであげましょう。

猫が夢中になるおやつ

猫用のおやつとして人気があるのが液体のおやつです。
ちゅーるはみんな大好きでしょう。
うちの愛猫もちゅーるには目がないです。

爪切りした時や、お留守番の時などにはちゅーるに助けられています。

ちゅーるを販売しているメーカー以外にも同じようなタイプの液体おやつが続々と増えているので、大人気なのでしょう。

しかしちゅーるは猫が夢中になるように旨味成分を凝縮させたエキスをたっぷり使っています。
旨味が濃いので夢中になるのも当然です。

さらに色を付ける色素も入っているので、添加物を体内に入れ続けるのは猫の身体への負担を考えると心配です。

主食で食べているフードで満足できる時にあえて与える必要はありませんから、特別なおやつとして与える程度にしたいですね。

理想的なおやつとは

猫のおやつを与える瞬間は、喜んで食べる様子を見られて幸せです。
ですが、その幸せな瞬間のために猫の健康が害されるのはダメですよね。

できるだけおやつは控えることを意識して、おやつの選び方にも注意を払いましょう。

おやつとして理想的なのは、素材に余計な味や添加物を使わないものです。
フリーズドライの肉や魚であれば安心だと思います。

まとめ

猫の健康のためにキャットフードにはこだわりを持って選んでいても、おやつ選びが疎かになっていることに気が付いて反省している私です。

小さな身体に負担をかけないように、口にするものには気を付けたいですね。
猫さんの健康が気になる方は、おやつ選びにも慎重になってください。

市販の猫おやつは安全なものは少ないので、くれぐれも与え過ぎには注意しましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tallをフォローする
スポンサーリンク
Tallタイプ or Shortタイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました