髪と頭皮のエイジングケアはharu kurokamiシャンプー!

アフィリエイト広告を利用しています

女性は実年齢よりも見た目年齢を若く見せるために、色んな努力をしますよね。

ですが、髪のエイジングのことまで本気で考えている人って、そんなにいないような気がします・・。

シャンプーを選ぶ時、頭皮と髪の老化に向き合うためにきちんと選んでいないと、後悔した時にはもう手遅れかも知れません。

ココでは、髪と頭皮のことを本気で考えた「haru kurokamiスカルプ」というシャンプーのポイントをご紹介します。

haru kurokamiスカルプシャンプーとは

100%天然由来の成分で作られた、本物の無添加シャンプーというのが、haru kurokamiスカルプの一番の特徴です。

市販されているシャンプーも、10年前よりずいぶん品質は良くなっていますが、ノンシリコンシャンプーが一気に増えたのに、コンディショナーやトリートメントには相変わらずシリコンが使われています。

シリコンが使われていなくても、シリコンと同じような作用を持つポリマー素材が使われているものが多いのが現状です。

頭皮と髪を傷める原因とされる石油系の界面活性剤「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」が使われていないことがアピールされていても、名前が違うだけでほぼ変わらない強力な洗浄力を持つ石油系界面活性剤が使われているものも多いのです。

どうしてそんなことになってしまうのか・・。

その理由は、コストの問題です。

シリコンを使わずに、洗い上がりを滑らかにして、頭皮や髪に必要なうるおい成分まで奪わないためには、天然由来の高級な成分を使わなければいけません。

結局、消費者が求める「安価」を優先してしまうので、本物の無添加シャンプーはなかなか作れないわけです。

haru kurokamiスカルプには、天然由来の成分以外は一切使われていません。

妥協しないで作られているので、お値段はたしかに普通のシャンプーに比べて高めです。

しかし、中途半端な「自然派」「天然由来」「無添加」にごまかされて、中途半端な価格のシャンプーやコンディショナーを買うくらいなら、本物を選んだ方が結果的に満足できるはずです。

haru kurokamiスカルプの特徴とは

haruには、頭皮と髪のエイジングケアのために、こだわっている点がいくつもあります。

主なポイントをご紹介します。

頭皮の蓄積汚れをキレイにする

女性も男性と同様に、年齢を重ねると頭皮の皮脂が酸化しやすく、シャンプーでしっかり洗っているつもりでも、頭皮が臭いやすくなります。

これは、40代以上の女性の90%が感じていることなんですよ。

とくに強い洗浄力のシャンプーで洗っているつもりでも、トリートメントやコンディショナーの油分が頭皮に蓄積してしまうと、なかなか落ちません。

さらに、石油系界面活性剤は頭皮の皮脂をゴッソリ奪うので、乾燥により余計に皮脂が分泌されてしまうので、頭皮が油臭くなってしまうのです。

haruに含まれる洗浄成分は、天然由来のアミノ酸です。

汚れをしっかり落とすのに、頭皮や髪に必要なうるおいは守ります。

長年蓄積された大人の女性の頭皮汚れを、しっかり落としてくれます。

シャンプーで黒髪サポートする

髪の色が白くなるのは、メラノサイトという色素細胞の機能が低下するからです。

これは老化現象なので、どうしようもないのですが、白髪染めを始めると、ずっと染め続けなければいけないし、何より白髪染めは、髪と頭皮にダメージを与えるものが多過ぎます。

理想を言えば、自然のまま黒い髪をキープしたいですよね。

haruは、そんな白髪の仕組みに着目し、メラノサイトとメラニンの機能に働きかける「ヘマチン」などの成分を配合しています。

さらに髪と頭皮の健康に欠かせないミネラル成分もたっぷり浸透させられるので、若々しい黒髪をキープしたい大人女性に頼もしいシャンプーです。

髪のボリュームをケアする

haruが頭皮と髪のエイジングケアシャンプーと呼ばれる大きな理由の1つが、頭皮サイクルに働きかける「キャピシル」と「欧州ホップエキス」など、数多くの成分を配合している点です。

「キャピシル」と言えば、育毛剤に使われる成分としてもおなじみです。

女性の髪は、女性ホルモンの減少に伴って、ジワジワとボリュームダウンしてしまいます。

女性ホルモンの減少による頭皮サイクルの乱れを、キャピシルをはじめとする成分が整えてくれるのですね。

まとめ

haru kurokamiスカルプシャンプーは、天然成分100%というこだわりを貫いているので、一度使った方はファンになるようです。

だからジワジワを愛用者は増え続けているのでしょうね。

お客様満足度94.4%の品質を、あなたも確かめてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
tallをフォローする
スポンサーリンク
Tallタイプ or Shortタイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました