墓じまいを考えるタイミングとは!費用の問題など気になることは!

アフィリエイト広告を利用しています

生活

自分の寿命を知ることはできないので、死について本気で向き合う年齢が何歳くらいなのかなんて考えていない人がほとんどでしょうね。

お正月やゴールデンウィーク、お盆休みなどで家族が集まる時こそ、お墓のことをちゃんと考える良いタイミングです。

お墓のことについて、自分たち代以降にどうなってしまうのか、今こそ考えていかなければいけないのではないでしょうか。

お墓を維持すること

実家に帰るたびにお墓参りをしていると、そのお墓に自分がいずれ入るのかな・・なんてことが頭をよぎることもあるかも知れません。

その前に、今現在、このお墓を維持するためにはどのくらいの費用が必要なのか考えてみましょう。

お墓の維持費は幅があります。

お墓の土地の代金が高ければ維持費も高いとも限らないので、ハッキリ言ってしまえば「言い値」なのです。

維持費がとても安くても、お墓の周りの雑草などをそのまま放置しているような状態でも困ります。

公営の墓地の場合は年間5000円前後の維持費が多いので、やはり公営は安いですね。

お寺の墓地の場合は、お葬式や法事など色々とお世話になることも続くため、お墓の維持費の他にも寄付金やお布施などが必要になることもあるので、意外と高くなることもあります。

これから自分たちがお墓の維持費を払う立場になる可能性があるのなら、早めに維持費のことなどを聞いておくべきでしょう。

墓じまいとは?

少子高齢化がどんどん深刻な社会問題になっていますが、地方にあるお墓の管理を負担に感じる人はこれからもっと増えてくるでしょう。

実家の親が亡くなってしまえば、帰省する必要もなくなります。

ですが、お墓の手入れしないまま放置するのも気が咎めるものです。

でも、お墓のためだけに遠路はるばる帰省するなんて、現実的に考えるとかなり厳しいことです。交通費もかかるし、時間もかかるし。

それにもしも自分が亡くなった後にそのお墓に入るとなると、子供たちにも大きな負担をかけてしまいます。

そこで最近は墓じまいをして、自分たちが生活している場所の近くにお墓を引越している方が増えています。

ですが、墓じまいには色んな手続きが必要ですし、簡単じゃありません。

お墓のあるお寺の檀家から離れるために、離檀料というお金を納める場合ありますし、改葬届を役所に申請する手続きが必要になるケースもあります。

遺骨を取り出す時には、僧侶に立ち会ってもらいお経をあげてもらうなど、素人には超えなければいけないハードルがいくつもあります。

遠く離れていると幾度も足を運ぶわけにもいかないので、本気で墓じまいを考えるなら、専門の業者に委託する方が安心して任せられると思います。

墓じまい費用の相場は10万円~50万円くらいと、これもまた幅があります。

お墓の状態にもよりますし、移転させる場所によっても違うので、業者を選ぶ前に見積もりは必須でしょう。

お墓に入らない選択肢

お墓を移転させて、自分たちがこまめにお参りできるようになると安心ではありますが、自分がそのお墓に入った後のことも考えておかないといけませんよね。

子供を作らない人生を選んだ人、子供には負担をかけたくない人など、お墓に入ることに疑問を感じている人もいます。

墓じまいをきっかけに、代々のお墓をなくす閉墓をする人も増えているようです。

先祖代々の遺骨は永代供養や本山納骨、もしくは散骨や樹木葬などから選択します。

海に散骨することを選ぶ人も多くなっています。

新たにお墓を購入するよりも、後々のことを考えてお墓に入らない選択をするわけです。

子供たちにお墓の管理などで負担をかけるよりも、自然にかえる方法を選ぶ人が増えているというのは少子高齢化の社会では当然のことなのではないでしょうか。

お墓を買う費用

墓じまいしても新たにお墓を建てて先祖を供養したいと考えているのなら、墓じまいの費用とは別にお墓の購入代金も準備しておかないといけませんね。

新たにお墓を購入する費用は、墓地によって土地代に大きな開きがありますから相場というのはわかりません。

東京都内と東京都から少し離れた首都圏内でも全く違うので、東京23区内で新たにお墓を購入するつもりなら、高額な土地代も覚悟しないといけません。

墓石の価格は素材やデザインによって違うだけなので、地方でも首都圏でもそれほど差はありません。

お墓の事を考えたことも無いと、どのくらいなのか全く想像できないでしょう。

じつは「お墓の購入代金ってどのくらいだと思う?」という質問をすると、半分以上の人が100万円以下で購入できると思っているようです。

実際にはお墓の購入費用の平均額は約160万円です。

100万円以下で購入できたのは2割くらいなんです。

150~200万円で購入した人が6割なので、皆さんが考えているよりもお墓は高いと思っていないとビックリすることになるでしょう。

東京都内には公営墓地は少ないため、費用を抑えたいのなら、早めに探さないと見つけるのは難しいのではないでしょうか。

私の知り合いは島根県の実家のお墓を墓じまいして、葛飾区の墓地に移したのですが、全ての費用の合計が500万円を超したそうですから、驚きました。

まとめ

お墓のことを真剣に考えるのはまだ早い。

そう思っているうちに考えておかないと困ってからではもう遅いのかも知れません。

墓じまいのことや、お墓を移転させることなど、家族が顔を合わせる時に話し合ってみましょう。

一人きりで考えるのは不安になりますから、相談できる家族がいるうちに話し合うことが大切ですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
tallをフォローする
スポンサーリンク
Tallタイプ or Shortタイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました